岐阜の注文住宅の長期優良住宅の特徴とメリット

subpage01

岐阜の注文住宅の中には、長期優良住宅の認定を受けているものがあります。



岐阜の注文住宅で長期優良住宅の認定を受けるためには、耐震性や劣化対策、省エネルギー性などが国が定めた基準を満たしていることが必要になります。


よって、長期優良住宅の認定を受けている岐阜の注文住宅は、耐震性や省エネルギー性が優れていることが証明されています。

長期優良住宅の認定済みの岐阜の注文住宅の耐震性は耐震等級2に該当し、建築基準法で定められている耐震性の約1.25倍の耐震性があります。



よって、大地震が襲来しても建物が倒壊することはなく、家族の生命と財産を地震から守ってくれます。
省エネルギー性に関しては断熱等性能等級4を満たしており、冬は暖かく夏は涼しい室内で暮らせます。
長期優良住宅の認定を受けている岐阜の注文住宅は所得税の住宅ローン控除を受けることができ、所得税を節税することができます。


不動産取得税の1300万円の控除を受けることも可能で、不動産取得税を軽減することにもつながります。

フラット35の金利も低く設定することができ、住宅ローンの金利負担を軽減できます。



長期優良住宅の認定を受けるためには申請をすることが必要になります。申請をしてから認定を受けるまでには時間がかかるため、余裕を持って、できるだけ早めに申請することが大切です。

長期優良住宅の申請に関することは、住宅の設計を行う建築士や工事の施工を行う工務店などに相談することができます。